CCPOPシリーズ
CCpop 28mm 43g(ボディのみ)35mm(65gボディのみ)


ポッパーがディープカップが良いとか(笑 いろいろあるんで思いっきりディープカップシリーズの
CCシリーズラインナップでございました。
これには制作上の利点もあります。ポッパーの口は凹になっておりこれが曲者で
塗装を厚くすればするほどカップ側の塗膜が剥がれやすくなるという部分がありました。
これはどうしようもない部分なのですがこれをフラット面にすることでカップ周りの
塗装トラブルもディープカップも両方クリアできるということで制作しております。
ステンレス製でありまして初回はカップ部は無塗装で出す方向です。ショア用なので
塗膜が定着しにくいステンレスには衝撃で剥がれる可能性もあったのでそうしております。

浮力調整はカップ上向きの飛距離重視設定 ハリはカツイチyーs22 2.0-3.0サイズでございます。

35はフック換装後 実質70g前後の重さです。ショートポップ向けではなくディープポップ用
です。細かいツイッチでドッグウォークさせるような釣りではEBIPOPのほうが使いやすくなりますが
小粒感が必要で尚且音が大きいのはCCの方です。



・FCLLABOネットショップ



実釣 
まあ28MMは呼びますね季節的に小さいベイトに魚が集まる傾向があることから
サイズ感はピッタリ 練習がてら行った鹿児島錦江湾のポッピングもいい感じで獲物を呼んでいた。

飛距離はショートポッパー独特の風に強い安定した距離を出せる。ポッパーは着水点から5m以内のヒットが
多いので着水直前に若干ブレーキ(サミングもしくは急激にストップ)して深く入らないように注意そこからなるだけ水面上でボコボコしてると
スット吸われるようにヒットしたり大きな飛沫とともにヒットしたりといろいろ。遠いラインでのポッピングは
ラインが水に食われないようにしないと潜水艦みたいになるので注意が必要。風によるフケはなるだけ少なく持っていくのが吉。


ポッパーの使い所だが一発目に投げるならこのルアーって感じである。
朝一発目にダイペン投げるよりは良いかと思う。



替わって長崎へ移動して磯を歩いて潮目を探す。この時期は磯に人も少ないので
潮目をいくつかたたけばボイルがなくてもボツボツ出てくる。1エリア1匹2匹で終わるのが問題だが
元々青物にそれを求めるのは難しい。初日夕方ポッパー28MMでいいサイズが出てラインブレイク
40号の先端部から 魚をなめてドラグを強くしていたのがまずかった。反省しつつ車中泊翌朝
例の如く回ってみたが一回抜くと居ないというかルアーに慣れてしまっている。
手前までじゃれついてきてもしくは下をゆっくり追ってきて ルアーの3m隣のベイトを食べるという状況
青物釣りなら有る有る話の一つである。更に新しい場所へ移動すると昨日失った28MMの代わりに
35MMで3投目に暗礁の横からヒラマサ出てきた。大きくはなかったがまあ嬉しかった。
昨日のミスが余計に悔しい。






そして4日後テレビ撮影である。瀬に瀬渡しで乗っての取材だった。
ここ1週間でお勉強したとおり朝はポッパーでいいサイズが出てきてなんとかとれて
その後もダイペンを駆使してごまかしつつ魚は釣れて取材は終了した。
今後もCCは私の基本道具としてケースに入る様になるだろう。






・FCLLABOネットショップ